ウエストのくびれを作る方法 

その① 内臓を上げる

 名古屋栄 美容のための骨盤矯正サロン ラクサナゴヤの稲川です。

30代・40代の女性の体型のお悩みについて、ボクの知識の範囲内で書いています。

初回無料メール相談もやっていますので、少しでもお役に立てればと思っています。

 

歳を重ねるごとに下腹ぽっこりになってくる方が多いです。 結構ダイエットも頑張ってるのに昔みたいなスリムなお腹周りにはならない。 という方は、一度下腹に力を入れて脂肪をつまんでみてください。 意外に自分が思ってたほどの脂肪の多さじゃ無いと感じる方が多いのではないでしょうか。 この下腹ぽっこりの大きな原因はカラダの湾曲がうまくいっていないことが原因の一つです。

生理彎曲

 

 

 

この図のように、首が真っ直ぐで前のめり、腰のアーチが無い、もしくは腰のアーチがあり過ぎる、などの理由と、骨盤が開いていることで下腹にスペースができてしまい内蔵が下垂してきているなどの理由が多いです。
 
湾曲を徐々に付けていきながら、骨盤をしっかり締めて、内蔵を上げてあげればかなりお腹周りが絞れてきます。

内蔵を上げるにはお腹と腰周りの筋肉を順番に刺激してから手技で上げていきます。

内蔵脂肪が落ちれば内蔵は更に上がりやすくなりますので、グングンお腹周りは細くクビれていきます。
 
まずは湾曲をきちんと正していくことです。

 

ウエストのくびれを作る その② 浮遊肋骨 へ続く

体型の崩れに悩む30代・40代の女性にオススメの美容方法まとめ へ戻る

 

初回無料相談はこちらから

体型の崩れについてのお悩みならなんでもお気軽に!

 

ラクサナゴヤのホームページ

はこちらから