ウエストのダイエット その③ 

お腹のコアマッスル

名古屋栄 美容のための骨盤矯正サロン ラクサナゴヤの稲川です。

30代・40代の女性の体型のお悩みについて、ボクの知識の範囲内で書いています。

初回無料メール相談もやっていますので、少しでもお役に立てればと思っています。

 

ウエストのダイエット くびれを作る方法 その①と②ではBBMセラピーの手技によるくびれ作りの方法を書きました。

 

では、湾曲を正して内蔵を上げて浮遊肋骨を締めてくびれを作った。

これをキープしていくには?

ということになりますし、内蔵脂肪や皮下脂肪の多い方は脂肪自体も落としていきたいと思うでしょう。

 

上げた内蔵の位置をキープする意味でも、簡単なトレーニングも併せてやったほうが良いので紹介します。

 

トレーニングの名前は『ドローイン』

 IMG_1361

図の筋肉は、腹筋が6つに割れているとか言われる外側の腹直筋や腹斜筋というものの内側にある内蔵をコルセットのように覆っている腹横筋というインナーマッスルです。

これを鍛えていくと上がった内蔵の位置をキープ出来るとともに脂肪を少しづつ使ってくれます。

この腹横筋を鍛えるトレーニングが『ドローイン』です。

 

やり方は、

 IMG_9689

息を大きく吸い込むと、図の右側から左側へお腹は凹みます。

逆に大きく息を吐くと図の左側から右側へ膨らみます。

 

ドローインでは、大きく息を吸い込むんでお腹を凹ませ、そのままキープするというトレーニングです。

 

ボクがお客さんに伝えているやり方は、更にプラスしたやり方ですが、

 

大きく息を吸い込んでお腹を凹ませ、次に大きく息を吐いて更にお腹を凹ませていく。

また大きく息を吸い込むんでお腹を凹ませ、大きく息を吐いて更にお腹を凹ます。

つまり息を吸っても吐いてもお腹を凹ませます。

限界と思ったところで、お腹を凹ませたまま呼吸を続けるだけです。

 

最初はキツイので長く出来ないと思いますが、だんだん長く出来るようになってきます。

1分ぐらい耐えれればかなり鍛えられてきてるので暇さえあれば何処でもこれをやる癖を付ける。

 

実はこれ、ものすごい効果があります。

是非やってみてください。

 

骨盤矯正 その① 仙骨のズレを正す に続く

体型の崩れに悩む30代・40代の女性へ 

美容整体のススメ へ戻る

 

初回無料相談はこちらから

体型の崩れについてのお悩みならなんでもお気軽に!

 

ラクサナゴヤのホームページ

はこちらから