脚が細くなる方法 その① 

筋肉の収縮と弛緩を正す

名古屋栄 美容のための骨盤矯正サロン ラクサナゴヤの稲川です。

30代・40代の女性の体型のお悩みについて、ボクの知識の範囲内で書いています。

初回無料メール相談もやっていますので、少しでもお役に立てればと思っています。

 

脚が細くなる方法 その①です。

上半身は痩せてるのに下半身は昔から痩せない。 という方はうちのお客さんでも結構多いです。

こういう方は、運動したり食事制限しても更に上半身だけ痩せていくという(笑) 下半身の温度が低くなっていて、リンパの流れも悪く、脂肪が固くなっているケースです。

 

熱いフライパンに塊の油を置いても最初はなかなか溶けないように、脂肪が固くなっている場合は運動してもなかなか脂肪を使うまでいってくれません。

骨盤の歪みなどから下半身、特に太ももの内側の筋肉とお尻の筋肉が使われなくなり、リンパの流れが悪くなってくるのが原因の一つです。 リンパ管は老廃物を流していくものですが、これは筋肉が収縮したり弛緩したりしてリンパ管の動きを作り、老廃物を流すようになっています。

 

筋肉が使われなければリンパ管の動きもなくなり、老廃物は流れなくなり、筋肉が使われなければ当然その部分の温度も低いままになり脂肪も溜まっていく。 流れきらない老廃物は脂肪と結びつき塊となる。

これがセルライトです。

 

まずは骨盤の歪みを正常にしてから筋肉の収縮弛緩運動を正常にしていき、リンパを流していくのが改善策になります。 筋肉の収縮弛緩運動を正常にしていく方法についてはまた別の機会に書きます。

 

脚が細くなる方法 その② リンパマッサージ へ続く

体型の崩れに悩む30代・40代の女性へ 

美容整体のススメ へ戻る

 

初回無料相談はこちらから

体型の崩れについてのお悩みならなんでもお気軽に!

 

ラクサナゴヤのホームページ

はこちらから