一人でやっているエステ・整体・リラクゼーションサロンが

ホットペッパービューティーでも

60万 80万の売上が毎月安定する!

しかも低予算で無理なセールスをせずに

 

HotPepper Beauty

攻略マニュアル(完全無料版)

 

 

 

し、あなたが、

ホットペッパービューティーで集客していて、

 

なかなかリピートが取れず売上が上がらないと自信を失くしているとしたら、

 

それはあなたの施術や商品などが悪いからという原因ではありません。

 

あなたは、リクルートからお客様へこんなメルマガが送られているのをご存知ですか?

 

 

 

 

これは、あなたのお店に来られたお客様へ、

来店翌日に必ず送られるリクルートのメルマガです。

 

 

あなたがホットペッパーで売上をあげれない理由

 

 

言うまでもなく、

ホットペッパービューティーは、全国最大規模の会員数を誇る集客広告媒体です。

 

多くのサロンオーナーさんは、ホットペッパービューティーに掲載すれば新規がたくさん取れ、

そこからリピートに繋げて売上を上げようと必死に頑張っています。

 

実際、私のお店でも中くらいの掲載プラン(18万円くらいのプラン)で掲載していた頃には、

最大で50名ほどの新規が来店していました。

 

しかし、

 

いくら施術を頑張っても

渾身の結果を出しても

トークを頑張っても

 

リピートしたのは約15名ほどでした。

 

対して、ホームページからの来店は平均して毎月3名ほど、

 

こちらは施術で結果が出せなかった場合を除いて、ほぼ全員がリピートするという結果となっていました。

 

この違いはいったい何なのか?

 

 

リクルートが何をしているのか

 

 

結論から言いますと、

リクルートがやっていることは、

 

豊富なホットペッパー会員を掲載店舗に中途半端に送り込み、会員を流動させ続けること

 

です。

 

会員には「サロン探しはホットペッパー」

掲載店には「集客ならホットペッパー」

 

という構図を作り上げ、

集客のインフラを作っています。

 

そして、会員を流動させるために、

各掲載店舗に個性を持たせないように制限をかけています。

 

[TOP写真]

・店内もしくは外観の写真にすること

・写真を組み合わせて編集したものはNG

・人の写真はNG

 

[文字数制限]

・TOPヘッドライン 50文字

・TOP説明 150文字

・メニューの説明 70文字

・クーポン名 36文字

・クーポン説明 90文字

・メーセージ 500文字

 

などで均一化してしまい、

掲載プランが上位でないと目立つことができないようになっていますし、

 

ライティングの上手い人がメッセージなどで囲い込むこともできないようにしています。

 

 

反応の良かったお客様でも次は来ない

 

 

先ほどの写真のように、

あなたのお店に来たお客様へは、

必ず次の日にリクルートから、あなたのお店の類似店が複数紹介される強力なメルマガが届きます。

 

あなたの施術を受けて、

「すごく良かった!また行こう!」

とお客様が思っていても、

 

次の日には、似たようなお店の安いクーポンが送られてくるわけです。

 

あなたのお店と類似店との明確な差が分からなければ、

 

お客様は、2回目以降の通常料金を払って、あなたのお店に来るのか?

それとも、類似店の安いクーポンを試すのか?

 

どちらの方が可能性が高いのか。

 

そろそろお気付きですよね?

 

そう、

リクルートはあなたのお店へお客様を呼んでくれるだけではなく、あなたのお客様を奪うことも同時にしているということなのです。

 

しかもこのメルマガで紹介される店舗は、

掲載プランの高い順番から紹介が多くなっていますので、

 

つまり、掲載プランの低いあなたのお店は、

 

お客様へ他店の紹介をされてしまっているが、

あなたのお店は他のお客様には紹介されていない

 

という厳しい現実が、裏で起こっていることを認識しなければなりません。

 

 

でも安心してください

 

 

このようなことを踏まえれば、

リピートが低いのは、

 

あなたの技術や商品の問題ではないと言い切れます。

 

すなわち攻略法が見えてきます。

 

先に前提をお伝えしておきますと、

 

 

ホットペッパービューティーで売上を上げるための前提

 

 

①都度払いをやらない

リクルートが毎回お客様が来店される度に他店の紹介をするのですから、

都度払いであるならば、3〜4回で来なくなるでしょう。

 

②リクルートのメルマガが届く前に成約する

リクルートのメルマガが届くのは来店された翌日です。

その前の日にはリピートを確定させないといけません。

つまり、来店したその日に成約しなければ次はありません。

 

③新規の数を増やすには掲載プランを上げるのではなく口コミ数を増やす

私が掲載プランを上げた時には、新規の数がかなり増えました。

しかし、掲載価格を考えると割に合わないといった感想です。

最も良いのは「良質な口コミの数」を最低でも100件以上に増やすことです。

 

 

こんな前提を頭に入れながら

 

 

さあ、準備はいいですか?

 

 

し、あなたが、

 

1540_32ホットペッパーで売上が苦戦している

1540_32コースへの成約率が20%くらいしかない

1540_32月の売上が50万円以下だ

1540_32口コミがなかなか増えない

1540_32ホットペッパーから月間の新規数が10名以下

 

こんな状況に一つでも当てはまっているのであれば、

 

ここから先は真剣に読んで見てくださいね!

 

目次

 

 

ステップ①

フロントエンド・バックエンドの考え方

 

ステップ②

高額商品を作る

 

ステップ③

成約しないお客様を来させないフロントエンドの作り方

 

ステップ④

フロントエンドで来た人を必ずコースに成約させる3つの強力な武器

・ワンタイムオファー

・悩み別のコース作成

・ダウンセル

 

ステップ⑤

ホットペッパーは口コミ数が命!

口コミ100件超えで新規予約数が倍に!

「良質な口コミ」を増やしていく簡単な方法

 

ステップ⑥

店舗の並ぶ一覧ページで目立つように必ずやったほうが良い

「トップページの1文字更新」

 

ステップ⑦

ネット予約してきた人に自動的に送られる「ステップメッセージ自動配信」

 

ステップ⑧

1回送ると何人か返ってくる毎月のイベントコース案内

 

ステップ⑨

コース終了した人への継続コース案内と都度払いメニューのセットで単価アップを狙う

 

まとめ

ホットペッパーで80万を安定的に売上げるための全体像

 

ステップ①

フロントエンド・バックエンドの考え方

 

フロントエンドとは、集客に使う安いお試し商品です。

バックエンドとは、お試しした人に売るための本命商品です。

 

もし、あなたが、

このバックエンドを都度払いの商品にしているとしたら、ホットペッパーでは儲かりません。

 

なぜならば、前述のようにリクルートから他店紹介を来店の度にされてしまうからです。

毎回、他店に奪われる危険性と隣り合わせになっているようなものだからです。

 

このリクルートからのメルマガは、ネット予約した人にしか送られません。

 

ですので、あなたは、

 

なるべく高額のコースをバックエンドで用意して

来店した当日に必ず成約させて

その日に次回予約をさせて、ネット予約をさせない

 

必要があります。

 

 

ステップ②

高額商品を作る

 

バックエンドの高額商品は、30万円くらいが良いと思います。

 

私たちサロンをやっている人は、

1回○○○円 ×  ○回

という計算にとらわれていて、

そして、その金額はどうしても他店の相場に合わせてしまいます。

 

この計算で高額コースを作ろうとすると、

例えば、通常1回6000円でやっているお店が30万円のコースを作ろうとすると、

 

6000円 ×  50回

 

って感じになってしまうんですね?

 

ですので、高額コースは作れないと思ってしまう人が多いんです。

 

 

でも、安心してください。

 

この30万円くらいの高額コースは、

ホットペッパーで来る方々にはほとんど売れません。

 

私は初めの問診票を記入してもらう時に、

この30万円のコースの案内用紙をあらかじめ問診票の横に置いておき、問診票を書いてもらいながら読ませています。

 

最もお客様から言われる言葉BEST①は、

 

「すみません、、何も分からず予約しちゃったんですけど。。」

 

です。

 

30万円のコースの案内用紙を見ただけでビビって引いてしまうのです。

 

つまり、そんな金額のものを買うつもりは最初から無いお客様なのです。

(もちろん全員ではないでしょうが)

 

ですので、この30万円くらいの高額コースは、

思い切って作ってしまえば良いです。

 

オススメは、

 

2ヶ月で足が細くなるサポート

とか

3ヶ月でほうれい線が薄くなるコース

 

というような、

期間でお悩みを解決できるというコースです。

 

思い切って30万のコース作ってしまいましょう!

 

でも、、

 

ホットペッパーで来るお客様にはほとんど売れないのに高額コースを用意する必要あるの??

 

と思っていますか?

 

それがあるんです。

 

 

ステップ③

成約しないお客様を来させない

フロントエンドの作り方

 

ホットペッパーは、クーポンサイトなので、

当然、お客様は

「お得」

「安い」

に惹かれて予約をして来る人が大半です。

 

いわゆる

「体験しか行かない」

という人も多いです。

 

私のお客様で、大手エステの店長をやられている方がいるのですが、

 

そのお店では、初回体験を980円で毎月80名ほどかき集め、来られた方全員に20万円〜120万円のコースラインナップをお勧めしていくそうです。

 

コース成約が20名ほどで、平均すると40万くらいになるそうです。

 

計算しても800万が新規からだけでも売り上げられますね。

 

でも、、

 

それには80名の新規をこなさなければなりません。

 

私たちは一人でサロンをやっていますので、

そんなゲリラ的なやり方はできませんし、

 

強引なセールスをするのも不得意ですよね??

 

ですので、最初から

 

「成約の見込みの少ないお客様は呼ばないことにする」

 

のが一番です。

 

どんな新規のお客様が来られるのかが決まるのは、フロントエンドの商品なんです。

 

ではフロントエンドの商品をどうすれば良いのか?

を説明していきます。

 

悪い順番に出していきますね。

 

一番悪いのはこれ、

 

 

 

 

 

初回○○○円 が ○○○円

 

というクーポンです。

 

これは、ただのディスカウントになってしまっているので、

 

「初回だけ安いから行く」お客様が圧倒的に多くなってしまいます。

つまり、成約率がすごく悪くなります。

 

 

最も新規数が増えるのはこれ、

 

 

 

全てをやらないけど、少し体験で無料

 

というクーポンです。

 

これが今まで試してきた中で最も新規数が多かったです。

5万円の掲載プランで30名ほどが来ました。

 

しかし、やはり

「無料だから行く」というお客様も多いので成約率は35%くらいにしかなりませんでした。

(ただし、圧倒的に新規数が取れるのでバックエンドの提案の仕方によっては成約数が高くなる可能性もあり)

 

 

最も良い出し方はこれです、

 

 

 

○ヶ月でお悩みが解決するコースの無料体験

 

というクーポンです。

 

このクーポンにすると、本当にお悩みを持った人しか予約してきません。

 

なぜならば、

 

○ヶ月コースと記載している以上、コースを勧められることは分かるからです。

 

そのコースがいくらなのかはお客様は来店しないと分からないのですが、お悩みを解決したいという強い期待を持って来店されますので成約率がとても高いです。

 

そして、「○ヶ月コースの」と記載すると新規数は減りますので、

 

「無料体験」

 

を私はお勧めします。

 

よく、広告宣伝費をペイして集客しようとする人がいるのですが、

ここで「体験5000円」のように値段を付けると極端に数が減ります。

 

私の経験では、

このフロントエンドの出し方なら、無料でも5000円でもコースの成約率は変わりませんので、無料にして数を増やしたほうが得なのです。

 

余談ですが、

 

この

○ヶ月でお悩みが解決するコースの体験

というクーポンを出して、

その下にバックエンドのコースの価格30万円というのを掲載したことがあるのですが、

新規がゼロになりました。

 

バックエンドのコースは載せないようにしてください。

 

 

ステップ④

フロントエンドで来た人を必ずコースに

成約させる3つの強力な武器

 

①ワンタイムオファー

 

その名の通り

「本日成約した人に限り」

とか

「次回の予約をしていった人に限り」

というような当日限定の特典で成約させることです。

 

うちのお店ではこんなオファーにしています。

 

 

 

前述のように、その日に成約させなければリクルートのメルマガにやられます。

 

ですので「ワンタイムオファー」でその日に決める!のが良いと思います。

 

②悩み別のコース作成

 

お客様はこの、

○ヶ月でお悩みが解決するコースの体験クーポン

で来られた場合、強いお悩みを必ず持って来店されます。

 

私のお店では、最初に問診票を書いてもらう時に、あらかじめこのコースの案内用紙を横に置いて読ませておきます。

 

 

こんな感じ。

 

そして、カウンセリングでお悩みをどんどん聞いていくのですが、

 

私はこれをやり始めた当初、

 

この30万円コースをワンタイムオファーで24万円で本気で売ろうとしていました。

 

しかし、お客様は24万円という価格を聞くと、なんとか断ろうとします。

 

その理由の多くは、

 

「私、足が細くなりたいだけだからな。。」

「私、猫背を治したいだけだから小顔とかはいらないかな」

「週に2回は来れないんですよね」

 

というような感じです。

 

お客様は高額になってくると、自分の悩み以外の部分がコースに入っていると、その部分はいらないから「もったいないかな」と考える人が多いんです。

 

もちろんそれは高額だから悩むわけですよね?

 

メルマガやブログで価値教育ができているわけでもなく、且つ、ホットペッパーのような文字数制限の極端に少ない表現の記載を見て、無料体験を予約してきた方からすれば、高額コースを勧める私たちの前ですごく悩み、

 

答えは、

 

「少し考えます」

 

となってしまいます。

 

 

しかし、この24万のコースを成約させられなかったら次は無いんです。

 

0か100かの勝負になってしまっていました。

 

そこで、

かなり高い確率で成約させられる方法を思いつきました。

 

それは、

 

先ほどの断り文句

 

「私、足が細くなりたいだけだからな。。」

「私、猫背を治したいだけだから小顔とかはいらないかな」

「週に2回は来れないんですよね」

 

を悩み別にその人に合わせたコースを作ってしまい、そっちのほうを提案するというやり方です。

 

悩み別となると、

その日のカウンセリングで聞いたお悩みに合わせて即座にその場でコースを作れれば良いのですが、なかなか難しいですよね?

 

しかし、

 

実は、事前に作っておくことができるんです。

 

ホットペッパーのネット予約を受ける際の質問事項に、

 

「どのようなお悩みがありますか?」

 

と言うのを必須事項にチェックを入れておけば良いのです。

 

そうすると、

 

 

 

このように、

「反り腰に悩んでいます」

「骨盤の歪みかもしれません」

などのお悩みがあらかじめ分かりますので、

 

それに合わせたお客様の買いやすい価格のコースを作っておいて勧めることができます。

 

 

 

こんな感じで用意しておきます。

 

そして、カウンセリングの終わりにこう言うのです。

 

○○さんのお悩みをお聞きしたところ、

この2ヶ月体型改善プログラムとは内容が違うので、こちらのコースのほうが良いかと思います。

反り腰と姿勢、骨盤は全て関係がありますので、このコースをやってみてはいかがですか?

今から施術していきますので、受けて良かったら考えてみてくださいね。

 

これで成約率が格段に高くなります。

 

他の例では、

 

このお悩みに対して、

 

 

お悩みが、首・肩・腰の痛みだけなら、

 

こんなコースを用意する

 

 

といった感じです。

 

私の場合、

バックエンドを1つだけにしていた時よりも、

 

このようにお客様のお悩み別に自由自在にコースを作っておいて提案するようになってからほとんどのお客様に成約することが出来るようになりました。(もちろんフロントエンドが大事ですが)

 

③ダウンセル

 

先ほど、問診票に記入してもらう時に、

 

あらかじめ30万のコースの案内用紙を置いて読ませておくと言いましたが、これには意味があります。

 

私の場合、

 

最初は、この用紙をカウンセリングの最後に見せていましたが、

 

ホットペッパーで来た人にこれを最後に見せると、

 

その時点からお客様がソワソワしだし、

 

なんとか断る理由を探しているので、その後の施術の時のビフォアアフターでなかなか納得しないようになってしまい困りました。

 

ですので、私の場合は、

最初からダウンセルを狙っています。

 

高いものから安いものへ

 

です。

 

基準となる30万をまず見せておきます。

 

そこから、先ほどの悩み別コースを用意しておいて、その価格は5万〜12万の中で勧めます。

 

こうすると、

30万をなんとか断ろうとする気持ちから

 

自分の悩みに対応したもっと安いコースがあったんじゃん!

 

と安心するのでその後の施術のビフォアアフター体感も納得してくれます。

 

というより、

 

もうこの悩み別ダウンセルコースを提案した時点で買うつもりになるんです。

 

ですので、施術が終わった後に、

カウンターでこう言うんです。

 

今日の施術いかがでしたか?

このコースで良くなると思いますよ!

本日ご予約していただければ、このような特典が付きますがいかがですか?

 

これで、ほとんどの人が

 

「やろっかな」

 

って言います。

 

決まりますよ。

 

ステップ⑤

「良質な口コミ」を増やしていく簡単な方法

 

口コミ100件超えで新規予約数が倍に!

 

 

ご存知だとは思いますが、

ホットペッパーの新規数を増やすには

「良質な口コミ」の数が多いほうが増えます。

 

私の経験では、掲載プランがまだ月額10800円の頃でも、口コミ数が100件を超えたあたりから新規の予約数が20名を超えたこともあります。

 

しかし、口コミを増やしても、

 

「リピです。いつもお世話になってます」

とか

「軽くなります。いつもありがとう」

 

というような、

常連が頼まれて書いたのであろう口コミは増やしても意味はありません。

 

一番欲しいのは、

新規の人が体験を受けて書いた本物の口コミです。

しかも、内容が良いものとなります。

 

なかなかそんな良い口コミは新規の人に書いてもらえないよ!

 

と思っていますか?

 

安心してください。

 

とても良質な新規の口コミをバンバン増やしていく方法があります。

 

それは、新規の人に体験してもらった時に、

 

「本日プレゼントできる何か」

 

を用意してください。

 

そして、

 

反応の良かったお客様だけに、

 

本日この場で口コミを書いていただけると、

○○をプレゼントしていますが、ご協力いただけませんか?

 

 

とお願いするんです。

 

例えば、

クーポンなら更に1000円オフさせていただきます

とか

本日使用したこの化粧品を1本プレゼント

 

みたいな感じです。

 

プレゼントが本日得するものじゃなきゃいけません。

 

よくやりがちな、次回の割引とかはダメです。

書いてくれません。

 

そして、その場で書いてもらうことも大事です。

なぜなら、その場では悪いこと書けませんし、

帰ってから書いてくれるとも限りませんからね。

 

書いてもらう内容もこちらから指示してください。

 

指示といっても簡単です。

 

あらかじめ、

 

・どんなお悩みがありましたか?

・施術を受けてどうなりましたか?

・セラピストはどんな人でしたか?

 

という3つの質問を印字しておいて、

お客様に見せて、それを見ながら書いてもらえばいいんです。

 

これで良質な口コミをバンバン増やすことができます。

 

せめて100件以上は増やしましょう。

 

新規の数が倍増します。

 

余談ですが、ホットペッパーの口コミは

2年経つと消えていきます。

ですので、口コミを常にとっていく必要があるんです。

 

私のところは、最大で140件まで増やしましたが、

最近は増やしていない為、90件まで落ちてしまいましたが。

 

あと、逆に言えば、

悪い口コミが書かれた場合は2年間残ってしまいます。

 

悪い口コミが書かれると、途端に新規数が減ってしまうことも合わせてお伝えしておきますね。

 

 

ステップ⑥

一覧ページで目立つように必ずやったほうが良い「トップページの1文字更新」

 

ホットペッパーの特集などのページで、

お客様が店舗の並ぶ一覧を見た時に、

 

店舗のTOPページが更新されていると

「UP」

と表示されます。

 

口コミが1週間以内に書かれた場合は、

「UP」

と表示されます。

 

 

上の店舗は、店舗名の右側に「UP」と表示されている。

下の店舗は表示されていない。

 

 

これが一覧では目立つので常にTOPページは更新しておくほうが良いでしょう。

 

と言っても、

1文字だけ変更すれば更新されますので簡単です。

 

ステップ⑦

ネット予約してきた人に自動的に送られる「ステップメッセージ自動配信」

 

ホットペッパーにはメッセージ機能というのがあります。

 

この中に、

 

「自動設定」

 

という項目もあり、

 

あらかじめ

 

「来店した何日後に配信する」

「来店する1日前に配信する」

 

というように、自動で送られる設定ができるんです。

 

これを利用して、

 

ステップメッセージを組んでおくのも効果的です。

 

私のところでは、

 

来店した次の日:お礼のメッセージ

来店した1週間後:お友達ご紹介のお願い

来店した2週間後:骨盤矯正12回コースの割引チャンスありますのメッセージ

来店した3週間後:新規様にはご案内していない美顔コースのご案内

来店する1日前:明日はご予約の日ですというリマインドメッセージ

誕生日:骨盤矯正orフォト美顔 1回プレゼントのメッセージ

 

という具合に設定してあります。

 

この自動設定では、

 

1回来ただけの人にしか送られない

とか

1回〜3回の人だけに送る

とか

女性だけに送る

とか

 

細かな設定ができるので結構使えます。

 

うちでよくある例を挙げますと、

 

以前に新規で来られて成約しなかったお客様が、

 

2ヶ月後とかに、この自動配信メッセージでふらっと予約してきたりすることがあります。

 

このようなお客様は、

少し質問していくと分かるのですが、

 

他のお店に体験やクーポンで回っていて、

コースや回数券を買ってそれが終わったからまたうちに来られたというのが多いのですが、

 

これは、

 

他のお店をいろいろ行ってみたけど、結局改善されず、うちに戻ってきたということなのです。

 

あなたの施術や商品が、たとえその業種で日本一のクオリティだとしても、、

 

初回にその違いを伝えきれなければ、

 

あなたの業種の類似店も良いのではないか?とお客様は思うのです。

 

特にホットペッパーのお客様は多くのお店を回る傾向が高いですので、その人達がいろいろ回っている時に、

 

「あの店がやっぱり良かったかな」

 

再来店するきっかけを与えておくことが必要です。

 

それは、あなたのお店を思い出させるためのメッセージを常に送っておくことです。

 

メッセージ自動設定でも特に強力なのは

「誕生日の無料プレゼント」

です。

 

返報性の法則が働き、だいたいの方が無料プレゼントだけで終わりません。

 

お客様のほうからコースのことを聞かれたりしますので、そこで提案する内容も準備しておきましょう。

 

新規で取りこぼしてしまった方にだけ送る設定もできるので是非設定しておくことをお勧めします。

 

 

ステップ⑧

1回送ると何人か返ってくる

毎月のイベントコース案内

 

自動設定以外にも、

 

毎月1回〜2回ほどは何かの理由をつけてイベントのメッセージを送ることもお勧めしておきます。

 

先ほどの自動設定メッセージとは違い、

過去に来た方全員にメッセージが送れるからです。

 

私のお店の場合、7年もやっているので

過去の来店した人の人数が1500件ほどにもなります。

 

その方達の中から、

送りたくない方や送る必要のない方のチェックを外して

毎月イベントのメッセージを送ります。

 

例えば、

 

バレンタインキャンペーン アロママッサージ5回コース60000円→48000円

 

とかですね。

 

よく、

しつこくメッセージを送ると嫌がられるんじゃないか?

 

と心配する人がいるのですが、

 

安心してください。

 

あなたのメッセージはほとんど見られていません。

 

今月は6月ですが、

前に来られたお客様から、

「メッセージありがとうございます」と言って、

イベントメッセージでコース予約が入りましたが、

 

なんと、それはホワイトデーキャンペーンのメッセージでした。

 

 

 

ホワイトデーなので3月に送ってますよね?

 

しかもそれからも毎月送っていますが、初めて見たと言っていました。

 

それぐらいほとんどの方が見ていないですし、

見るタイミングにメッセージが埋もれてしまっていては、機会を損失してしまいます。

 

しつこいぐらい送っていっても問題ありません。

 

逆に毎月送っておけば、いつかは見てもらえるといった感じで考えておいてください。

 

今まで毎月2回送っていて誰からもクレームきていません。

 

しかし、毎月1300件くらい送っていると、

何件かは予約が入ります。

 

このイベントメッセージは、既に店の施術を一度は体験している方達なので、必ずコースにしてください。

 

そうしないと都度で安くするメッセージならそんなに売上に繋がりませんので、

毎月コースのメッセージを送っていきましょう。

 

ステップ⑨

コース終了した人への継続コース案内と都度払いメニューのセット販売

 

継続コース案内を提案する

 

コースを終了した人へは

 

「お客様の良くなった状態を保ち、悪くなるのを防ぐ予防として」

 

継続コースの案内を出してメンテナンスを提案しましょう。

 

私のところでは、

それぞれの人でコースの値段が違いますが、最初に成約したコースより少し安くして回数も少なくして出しています。

 

つまりダウンセルの更にダウンセルです。(最初にダウンセルしてるからという意味です)

 

例えば、

よくセミナーとかに通うと卒業したら次期セミナーに半額で出席できますみたいなのがありますが、それと同じやり方です。

 

値段だけでなく回数も減らすことで、お客様も通いやすい金額になりますし、

 

最初のコース時の来店ペースとは違い、

 

業種にもよりますが、

月に1回程度の来店なら何ヶ月分かをまとめて支払っておくという感覚になります。

 

大切なことは、この継続コースの案内は必ずコース終了の2回前か1回前に提案してください。

 

 

 

なぜかと言えば、

 

コースが終了する日に決済または現金で頂いておかないと来なくなるからです。

 

コース終了日までに代金を頂くことが大切です。

 

 

都度払いメニューをセットしてオススメする

 

これはやってもやらなくても良いですが、

 

私は、継続コースを買って頂いた方にフォト美顔という1回6000円の都度払いメニューを紹介して、

 

継続コースのお客様だけに5000円で提供しています。(1000円引きでセットにしています)

 

例えば、上記の継続コースだと1回当たり6000円になりますが、

 

月に1回のペースで来て頂いた時に、

 

コースの料金は先に前払いで頂いていますので、お客様は毎回の支払いがありません。

 

別で都度払いメニューの5000円を現金で支払うのに抵抗がなくなってしまうのです。

 

しかし、うちが頂いているのは、

 

6000円+5000円で1回/11000円となりますので結構高くなります。

(うちの場合、矯正とフォトで合わせてもかかる時間は30分です)

 

これは別のメニューが無い場合もありますのでやらなくても良いですが。

 

やるとその後も継続がしやすくなるとも言えます。

 

私の場合は、

このフォト美顔という都度払いメニューを、最初の新規で来られた時のコース成約の際にプレゼントで3回付けています。

 

プレゼントですので通常コース期間中は無料でサラッと体験させています。

 

3回ほどこれをやると、お肌の状態が良くなってきているのをお客様も感じていますので、

継続コースの時には有料でもやりたいと言われるのです。

 

このように、

 

コース終了後の継続コースの時にオススメできる都度払いメニューを、先にプレゼントで付けておくのも一つの手法として挙げておきます。

 

まとめ

ホットペッパーで80万を安定的に売上げるための全体像

 

ここまで書いてきましたが、

まとめます。

 

[ホットペッパーで安定的に売上げるための全体像]

 

30万の高額コースを作る

(期間でお悩みを解決するもの)

○ヶ月でお悩みを解決するコースの体験という

フロントエンドを出す

予約の時のお客様のお悩みを見てあらかじめ悩みに対応したダウンセルコースを用意

カウンセリングで悩みを聞き

ダウンセルコースを提案

施術

クロージング

口コミのお願い

コーススタート

コース終了のお客様へ継続コース提案

 

これが一連の流れです。

 

それとは別に、

 

自動配信メッセージの登録をしておく。

月に2回くらいイベントコースをメッセージ送信しておく(来ていないお客様だけ)

 

これだけやれば、そんなにキツイ努力をしなくても簡単に80万は安定します。

 

最後に

 

本来であるならば、

ブログやメルマガで集客してビジネスをやったほうが楽だし面白いし幸せだと思います。

 

でも、そうは言っても、

 

それが実になって成果が出るまでは不安ですよね。

 

今もしホットペッパーに掲載してるのであれば、

小予算で最大限の安定した売上を確保しておいて、ブログやメルマガを勉強していくほうが安心です。

 

ここで書いたことは、すべて私が実践してきたことで、失敗したことは省き、成功したことだけを載せています。

 

もしかしたら、

他にも良い方法があるのかもしれませんが、一度騙されたと思って試してみてください。